スタッフブログ

子ども部屋を間仕切る方法~8畳篇~

子どもが成長をするにつれて、個室が欲しいというお話はよくあると思います。

今まで2人で使っていた一つの部屋を半分に間仕切って2つにわけるには壁を作ったり、家具で仕切ったり、カーテンや衝立で仕切るといった様々な方法があります。部屋の広さや家具の配置などもご家庭によってさまざまです。

実際に8畳の部屋を2つにわけるリフォームの流れを事例に沿ってご紹介します。

既存は上記の絵の左側の状態でした。8畳の洋室に一間のクローゼットが2か所、入口ドアが1か所、出窓が1か所という間取りです。この部屋を2人のお子さんが使用していますが、1人ずつそれぞれの空間が欲しいので部屋を仕切りたいとご相談をいただきました。

部屋の出入り口が1か所しかないためただ単に真ん中で区切ってしまうと奥の部屋へ行くには手前の部屋を通っていかなければなりません。クローゼットも公平に利用できて、部屋への出入りを干渉されずにするために右の絵のように間仕切り壁を作って、それぞれの部屋にドアを新設するという方法になりました。

部屋の照明は8畳の真ん中にシーリングライトがひとつ。スイッチは既存ドアのある壁にありました。部屋を仕切るために新たに照明の配線を2か所作りました。 新しい壁を作るため、木材を天井と床に取付、そこに柱となる木を止めて壁を作っていきます。

出窓の部分は塞がないで窓が開閉できるように、新しい壁を窓枠のところまでにしています。今回の間仕切り壁は天井までにせず、天井付近には隙間を空けて空調が効くようにしています。

費用は嵩みますが、完全に壁を天井までにして、エアコンを各部屋に取り付けるということも可能です。その際はエアコン用の電源の配線費、エアコンの取り付け費等がかかります。

壁組が出来上がると、プラスターボードという石膏ボードを張って仕上げていきます。ドアも2か所に取り付け、クロスを貼っていけば

そろそろ完成です!

今回の新しい壁はなるべく薄くしたかったので、使った木材は60㎜x27㎜、9.5㎜のプラスターボードです。

3畳ほどのスペースですので、ベッドを置くといっぱいですが、一人ひとりのプライベート空間が出来上がりました!

工期は3日でした。

子ども部屋に間仕切り壁を作ることで、子どもたちが自分のプライベート空間を持つことができ、勉強に集中することも、一人でリラックスすることもできるようになりましたね。   

ご相談はこちらから
0120-27-2520 0120-27-2520
お問合せ資料請求

人にも環境にも心地いい床材「サステナブルフロアー」

     

近年SDGs(持続可能な開発目標)やサステナブル(持続可能な)という言葉をよく耳にします。貧困や紛争、気候変動や感染症など人類がこれまでになかったような多くの課題に直面し、この先安定してこの世界で暮らしていくためにはどうすればいいかというところから、人々の環境意識が高まってきているということだと思います。

環境保全ってなんのために必要なのでしょうか。森林整備がどうして追い付いてないのでしょうか。健全な森ってどんな森?人が暮らしやすい世界って?などなど考えなくてはいけないことがたくさんあります。

人間は水がなければ生きていけません。ではその水はどこから来ているか。それは山や森です。森林整備ができていないと山は荒廃していきます。例えば松食い虫やナラ枯れと言われる問題が今深刻になっています。木を枯らしてしまう害虫がどうして増えてしまったのでしょう。

赤トンボを例に例えると、赤トンボは田んぼで卵を産み、田んぼで孵って一度山に行きます。田んぼで羽化したときはまだ体はオレンジ色です。その羽化したトンボは最大で50キロもの距離を移動して山にきて、一日に自分の体重の半分の重さの虫を食べ、成長してまた田んぼに戻り産卵をするというサイクルで生きています。しかし昔に比べ田んぼが減り、環境が悪くなったことで赤トンボの数も1/10にも減っていると言われています。ということは昔に比べ山に来て虫を食べる捕食者がかなりの数減ったということなんです。

すると山では害虫が増え、健康な木々も影響を受け枯れていきます。木が枯れれば山が荒れ、水源地も荒れ最後は水を必要とする動植物やわたしたち人間にも影響がでるという悪循環に陥っているのではないでしょうか。地球上に生きているのは人間だけではありませんから、さまざまな生き物にとって住みやすい環境をつくっていくことが大切なんだと思います。

ウッドショックや国際情勢の関係で輸入材が高騰したり、入りにくくなっている今、環境のことも考えると消費者それぞれが各自にとっての社会的課題の解決を考慮したり、そうした課題に取り組む事業者を応援しながら消費活動をおこなう「エシカル消費」を積極的に考え環境に配慮した商品に目を向けていきたいですね。

建築でもエシカル消費は可能になってきています。地元の木材を使うことはもちろん、建築廃材や森林の未利用材をリサイクルして資源を無駄にしない動きが高まっています。

パナソニックの「サステナブルフロアー」は住宅の解体廃材や、扱いづらく行き場のなかった国産の未利用材を基材として利用し、植物由来のバイオマス塗料を床材表面に採用することで、資源有効利用や脱化石燃料を可能にしています。またサステナブルフロアー販売一坪あたり、両手のひら相当の協定地(ぐんまつむぎの森)を整備することで森林保全にも貢献しています。

企業の植樹はよく聞く話ですが、保全整備というのはとても画期的なことだと思います。一消費者が森林整備をすると言っても何をどうすればよいかわからないなかで、一つの商品を購入することが直接的に森林整備に貢献できるというのは消費者側からしても環境保全に役立っていると認識しやすいと思うのです。

パナソニックのサステナブルフロアーは環境への配慮と、高い性能を両立した新しい床材です。突板タイプとシートタイプがあり色柄も豊富。価格も普及品の床材と同等というのがうれしいですね。

和歌山も山がたくさんあります。私自身も微力ながら環境への配慮を心掛け、少しでも後世によりよい森林を残せるように行動をしていきたいと思います。

ご相談はこちらから
0120-27-2520 0120-27-2520
お問合せ資料請求

ルミデコールSOLIDの施工工程

モルタル調塗り壁「ルミデコールSOLID」の実際の施工風景をご紹介します!

まず下地作りからです。今回はテナントの共同トイレの手洗いスペースの壁にルミデコールSOLIDを採用するため、既存のALCの壁に下地となる石膏ボードを張ります。胴縁で石膏ボードの下地を作り、ボードを張っていきます。石膏ボードは2重張り推奨とのことですので、2枚重ねで張りました。

 

塗り壁用の下地ができたらいよいよ塗っていきます。今回はカラーNo.002+036を1対1で混ぜ合わせたカラーを塗ることにしました。ルミデコールSOLIDの下地をコテで塗っていきます。

 

キレイにならして上塗り前に一度乾かします。しっかり乾いたあと上塗りをしていきます。模様付けを行う場合はこの工程で行います。ただ塗るだけでも風合いがありますが、上塗りをまたしっかり乾かし、最後はサンダーで磨いていきます。

カウンターの天板や水が直接かかるような場合はこの後シーラーとトップコートを塗布して表面を保護します。

ブラケットライトをつけるとさらに表情のある壁になりました。クロスではだせない質感のルミデコールSOLID。いかがでしょうか?小さい面積の壁でもこの塗り壁を採用するとグッと印象が良くなると思います♪

ご相談はこちらから
0120-27-2520 0120-27-2520
お問合せ資料請求

モルタル調塗り壁で味わい深い質感の壁を実現~ルミデコールSOLID~

   写真はカタログより抜粋       

内装の仕上げ材でモルタル調の塗り壁があるのをご存じでしょうか?数年前から「モールテックス」というベルギー発の薄塗り鉱物性左官塗材が人気があり、店舗だけでなく一般住宅の室内の壁やキッチンカウンターなどに採用されることが多いようです。仕上がりはとてもかっこよくて水にも強く耐久性も良いのですが、輸入材のためなかなか費用が高くなり、気軽に採用しにくいのが難点でした。

最近、日本の塗料メーカーでもよさそうな塗り壁材が発売されましたので、自社管理物件のリフォーム工事に採用してみることにしました♪国内メーカーの材料の場合なにかあってもすぐに対応してくれますし、費用も輸入材に比べればお安くなります。

それはモルタル調塗り壁「ルミデコールSOLID」です!!

塗り壁材はいろいろありますが、このルミデコールSOLIDは無機質なモルタルのような質感で味わい深い表情が楽しめます。木材やスチールなどの素材との相性抜群で、クロス仕上げでは出せない肌合いが可能になります。だったらモルタルでいいじゃないの?となりそうですが、ルミデコールの場合たくさんのカラーの中から選べますし、薄塗りですのであらゆる面にも塗ることができます。モルタルのようにひび割れしにくく、壁面、天面、床面などおススメです。コテで模様をつけることもできるんです。

 

写真はカタログより抜粋

さて次回のブログでは実際に施工している様子をご紹介いたします。

 

ご相談はこちらから
0120-27-2520 0120-27-2520
お問合せ資料請求

今が狙い目!エコキュート買い替えに補助金がもらえる!!

光熱費がどんどんあがって困っている方、エコキュートがそろそろ壊れるんじゃないかと心配な方、今がチャンスです!!

高効率給湯器導入促進による家庭部門の省エネルギー酢資金事業費補助金を使えば5万円の補助金がもらえます。

エコキュート以外にハイブリッド給湯器や家庭用燃料電池なども対象となります。

省エネに興味のある方はこの機会にぜひ当店までお問い合わせください。

 

 

ご相談はこちらから
0120-27-2520 0120-27-2520
お問合せ資料請求

今がチャンス!エアコン・冷蔵庫の買い替え補助金でお得に。~和歌山市省エネ家電買い替え促進事業補助金~

知らないと損する和歌山市省エネ家電買い替え促進事業補助金

和歌山市では和歌山市に住民基本台帳に登録されている18歳以上の世帯主(申請受付時点)で、令和4年12月9日(金)以降に家庭用エアコン(壁掛けタイプ)や家庭用冷蔵庫(冷凍機能のみの製品は除く)を和歌山市内の店舗で買い替え、自宅に設置した方に補助率1/2、製品1台あたり上限5万円(1世帯あたりエアコン、冷蔵庫各1台最大10万円)が交付されます。
省エネ家電に買い替えることで電気代も安く抑えることが期待できます。

ぜひこの機会に古くなったエアコンや冷蔵庫の買い替えを検討してみませんか?

詳しくは当店までお問い合わせください。

ご相談はこちらから
0120-27-2520 0120-27-2520
お問合せ資料請求

こんなのほしかった!一切手を触れずに手洗いまで完了するトイレ

コロナ禍になってずいぶん経ち、物に触れたら手洗いや消毒をする習慣になりましたね。

そんな中ドア以外には一切触れずに、トイレを済ますことができる手洗い器やトイレを動画でご紹介します。

ぜひトイレリフォームの参考にしてくださいね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

https://www.youtube.com/watch?v=BkEWNkm6HNU

 



 

 

フルリノベーション施工中③

絶賛リノベーション中の現場では屋根瓦の葺き替え工事が行われました。

50年前の瓦は土葺きで施工されています。既存の瓦を手作業の瓦リレーで捲ったあとは、土を撤去しなければなりません。

こんな時は専用のバキュームカーに出動してもらい、強力バキュームで土を吸い取ってもらいます。

バキュームで吸い取ることで土が舞い上がらず、ご近所への飛散も軽減することができます。作業も効率的ですしね♪

土をすべて撤去するとバラ板という板がでてきました。新しい瓦を葺くためにバラ板の上から野地板を張っていきます。

 

家の中から見てみると隙間だらけで光が差し込んでいます。

野地板を張り終えたらルーフィングという防水シートを張って、瓦を葺いていきます。

これで台風の風も雨漏れも心配なくなりますね!

屋根の工事が終わったので、内装工事とともに外装工事もすすめていきましょう。

ご相談はこちらから
0120-27-2520 0120-27-2520
お問合せ資料請求

フルリノベーション施工中②

LDKになる部屋の畳をめくると、バラ板、根太、大引と床を支える構造になっているのですが、築50年ほど経っているので、湿気のせいもありそれぞれの木が傷んでいました。

すべて撤去して新しい木で組みなおしをすることで、この先も安心して暮らせるようになりますね。

↑根太は踏むと折れてしまう箇所がいくつも・・・ 大引は見た目は大丈夫なように見えますが木の内部はサクサクになっているものがありました。

 

 

基礎になるブロックだけを残し、ブロックのうえには新しい束材を使用します。

水平を出しながら大引も新しくします。

大引の上には根太を敷き、合板で伏せていきます。

これで新しいフローリングを張る準備ができました。

床の土台が仕上がってきましたので、フローリングを張ったあとは天井や壁の下地づくりを行いましょう♪

ご相談はこちらから
0120-27-2520 0120-27-2520
お問合せ資料請求

フルリノベーション施工中①

7月半ばから大規模なリノベーション工事をしています。

1F部分の全面改装と屋根と外壁をキレイにします♪

2間続きの和室はLDKに生まれ変わりますので畳や天井板すべて撤去しました。

すると天井裏に隠れていた立派な梁が! 

瓦の葺き替えも同時に行っていたので、瓦と土を撤去すると板の隙間から空が見えています。

このままでは新しい瓦を葺けないので野地板、ルーフィングを張り、水じまいをキッチリ施しましょう♪

 

 

 

 

 

 

畳の下にはバラ板、根太、大引があり、築50年の傷みが蓄積されていました。床を支える大事な部分ですのですべて新しい木材で組みなおします。

その様子は次回のブログで掲載します。

ご相談はこちらから
0120-27-2520 0120-27-2520
お問合せ資料請求
ページトップへ戻る