施工例紹介

NEW

和室を洋室へリフォーム|和歌山市 Y様邸

夫婦別寝室から同寝室へ。年を重ねた夫婦の暮らし方の変化。

70代のY様ご夫婦は今まで別々の部屋で寝ていました。よくあるいびき、温度、雨戸の開閉問題などが理由で、50代のころから夫婦別寝を取り入れていたそうです。

70代後半になってきて、お互いの体のことも心配になり、ご主人様の寝室だった7.5畳の和室をリフォームし、ベッドを並べて同じ部屋で寝ることにしたいとご相談をいただきました。

畳の傷み、壁の汚れ、押入れの使い方などの現状を踏まえ、和室を洋室にし、押入れも使いやすいクローゼットにすることになりました。

出入り口のドアは開き扉の戸襖でしたので、アウトセットの引き戸をご提案。クローゼットはお布団と洋服、バックなどの小物も収納したいとのことでしたので、一間のクローゼットを半分間仕切り、お布団や衣装ケースが置けるように中段、枕棚を取付け、残りの半分は奥に可動棚、手前にはパイプハンガーを取付け空間の無駄がないようにしました。

落ち着いたチェリー柄のフローリングと建具に「ウィリアムモリス」デザインの優しいアクセントクロスがとても合っている寝室が出来上がりました。クローゼットの中のピンク色の壁紙も遊び心があって良いですね♪

ベッドやテレビ台も新調して、お気に入りの部屋になったと奥様も喜んでおられました。

  • AFTER
    BEFORE
  • AFTER
    BEFORE
  • AFTER
    BEFORE
ページトップへ戻る